楽しいことする

さやさんが楽しいことやるためだけの場所

Tekkaの話(1年ぶりn回目)

この記事はTekka Advent Calendar 2019の10日目です。
こんにちは383です。Tekkaではさやさん名義でてっ活*1しています。

何を書こうかなーって思ってたのですが、そもそもTekkaとはなんなんだ。っていう人しかいないと思うので、そういうところを書こうかなと思います。毎年書いてる気がする。

Tekkaは創作応援SNSで、現在一般公開ではなく、限られた人々(前身のコミュニティからの人々や、人からの紹介で参加した人々)で構成されています。

参加してる人に共通していることは何かを作ることが好きということ。多分。
常に何かを探究し、新しい物を自分の手を動かして作っている人ばかりかと思います。

私は新しい物に首を突っ込んでいくタイプですので、新しい何かを開発している人たちから刺激をもらったり、一緒に何かをすることでTekkaを利用しています。

また、人生の先輩方も多いので、気になってることを聞いてみたり、愚痴聞いてもらったり、愚痴聞いてもらったり、人間とは…みたいな漠然とした内容についても一緒に考えてくれたり、ものを作る以外の部分でも助けてもらっています。

ちょっと前までTekkaの若者だった気がするのですが、もう二十代も折り返しました。
若人だった時に相談してた人たちが今と同じくらいの年って考えられないですね。私もみんなみたいに誰かの相談相手になれるかしら。
気持ちは若いので、積極的にTekkaに関わりたいと考えています。

今年の夏コミはTekkaVtuberイラスト合同本を作りました。参加していただいた方々ありがとうございました。
まだBOOTHに出してないのですが梱包は終わってるので年内に出たらいいなーって思っててください。
あったかい炬燵の中で涼しげなイラスト見るやつしましょう。

Tekkaの人たちと何かをやるというのはイラスト本だけだったのですが、秋に創作物発表会兼ねた文化祭とかできたらいいなーってアイデア投げるだけ投げて実行しませんでした。一人で何かをやるのはとても体力がいるので、次は誰か指名して実行します。やるぞ!(あなたに向けられた視線)

これを見ている人は多分Tekkaの人か、Vtuber事務所だと思ってる人か、私のフォロワーさんかと思います。

Tekkaの人、来年もなんかしようね!イラスト本もよかったけど、イラスト描かない人がどう参加できるかが難しい点でした。色んな人が参加できる何かができたらいいな。その前にイラスト本をBOOTHに置くやつして、俺たちの夏を終わらせよう。

Vtuber事務所だと思ってる人、企業ではないぞ!ヒノちゃんはVRCと発注のプロ。他に多方面のVR関係の技術持ってる人そこそこいるけど、その人たちはTekkaとしてではなく、その人たちでもくもく何かをやってるイメージ。Tekkaの人々の中でV関係の話題も全くと言っていいほど無いのでもっとお話したいですね。縁ちゃんとマリン船長の話できるチャンネルはどこですか……?自チャンネルでやります……。

年内はむずいので来年やりたい事は、VRCのワールドを作ることです。
月山縁ちゃんが出ているシャカリキ鍵盤道のワールド作るとエフェクトたっぷりで作れて最高だと思うのですよね……
ワールド作りながらキーボード活動もするというヨクバリスになります。

まだアドカレの枠が空きまくっているので、数日後にまた何か書こうと思います。Tekkaアドベントカレンダー2019次はnullさんでs

*1:Tekka関連の活動

台風19号が接近しておりますが、10月12日(土)383生誕祭は予定通り開催いたします。

お世話になっております。383と申します。

ご連絡が遅くなりましたが、10月12日(土)は383生誕祭を開催いたします。
会場は各々のお部屋です。お忙しいと思いますが、お好きな飲み物と食べ物をご準備の上、自由にお祝いしていただければ幸いです。

 

5月に色々ありまして、それについて書こうと思ってもう10月になりました。
そして、いつの間にかまた歳をとって384になる日が来ました。
なんだかんだ二十数年生きております。今日はそんなことを感謝する日です。ありがとうございます。

 

このような機会なので、5月に報告すべきだった諸々を書こうと思います。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、お付き合いください。

 

1. 引っ越しました

引っ越しました。詳しく言えば、東京から離れました。さよなら都会、久しぶり東海。
東海育ちと思われてる方もいらっしゃると思いますが、雪国育ちです。
出身静岡だよね?って訊かれて流した事がありますが、すみません違いました。
この場を持ってその方にはお詫び申し上げます。今度日本酒差し入れに行きます。

 

2. 仕事を辞めまs

3月いっぱいで仕事を辞めます宣言しました。
理由は色々あるけど、表向きには謎の頭痛と、仕事場の空気が悪くて(物理)アレルギー持ちの呼吸器官がたくさん病気をしていたから。
しかし、辞めさせてくれる雰囲気がなかったので、引っ越しを期限として仕事場から離れました。
仕事場から離れる事ができたので、終電で帰るのが普通&&謎の涙が出てしまう環境から抜け出す事ができました。
抜け出したのですが、仕事はなんだかんだもらっているので完全に辞めている感じがしない。

落ち着いたら別業種とか行こっかな。
ここまで色々あったけど、まぁ、これからいろんな時間取り戻します。

 

なんだかんだで2つだった。でも大きな2つ。
これからのまた誕生日までの1年も色々あるだろうから楽しみにしていよう。

次は楽しいことをたくさん報告できますように。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

引っ越し祝いと脱職場祝いと誕生日祝いお待ちしております
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/3BEHDDGFNLMTQ?ref_=wl_share

 

 

夢日記

次の試験は地理である。

地理は苦手分野であったが、現代における基礎知識があれば、あとは問題文をよく読めば解けるようなものであった。
もちろん知らないことについての問いもあったが、問題文に答えが隠されているなどするため、その部分だけ空白で提出することは避けられるのである。

地理といえば、大陸、国、地域、様々な切り口でその土地の風土や文化などについて出題される。しかし、今回の問題をパラパラと見る限り、その風土、文化の上で生活する"人"に焦点が当てられているのである。

多くの問題はまず新聞記事や漫画のような表現の読み物を読み、その内容について答えることになっている。
蚕業で活躍する女性の背景、水路を作るために相談をする人々、その地域に住まう民族の生活。もちろんその場所はどこであるとか、その川の名前、民族の名前などを答えるサービス問題もあった。

全く試験対策をしていなかったため、自分が既に持っている知識と、読み物を頼りに解答していく。
姉は対策をしっかりしていたのか問題を全て時終えたようで、席を立ち、部屋から出ていった。

私も最後の問題に差し掛かる。

とある民族の問題のようであった。私はこの民族については何も知らない。

しかし、問題に対応する記事も不十分なのか、全く解答を導き出すことができないのだ。

"これ"の名前は?

どこにもそれは書いていない。
記事に写るのは綺麗な白髪の青年である。

 

小さな子供が2人、それぞれ3歳か4歳といったところだろうか。和室で追いかけっこをしている。

そしてその手前の玄関、と言っても、その外も暗い室内であるため、段差がある部屋の入り口といった方が良いのだろうが、そこで1人の若い女性が子供たちを一列に並ばせ、何かを言っているようだった。

私はその光景をぼんやりと眺めていただけだったのだが、その声で自分という存在がこの空間に存在していることを認識する。

「私は◾️◾️である。」

そこには例の綺麗な白髪の青年が立っていた。
私は問題を解いていることを思い出した。

 

記事に青年が女性や子供たちと会話する場面が描かれている。
その場所は暗い洞窟の中で、子供たちはその中で生活をしているようであった。

私はこの記事に載ってないことを知っている。
しかし、その名前は知らない。

その時、問題用紙にうっすらと何か裏移りしていることに気がついた。
実は、今まで読んでいた記事は後半のみで、その裏に前半があったのだ。(実際、今まで見ていたものが裏面で、表面を見ていなかったのだが。)

人間と同じ世界で生きる。
人間とは変わらない姿をしているが、人と同じ世界で生活するにはいろんな障壁があり、多種多様であると言われている現代においても、まだ完全にそれを実現できていないのである。

そこにはあの白髪の青年がおり、こう名乗っていた。

「私は炮虎である。」

青年の声が脳内で響く。
私はこの名前を知っている。

解答欄にその名前を書くと、もうすぐ試験が終わってしまうところだった。
まだ自分の名前の記名ができていなかった。

 

試験が終わると、試験からの開放感に浸ることも惜しんですぐに出かけた。
私は行かなければ行かない場所がある。

そこにはあの青年が立っていた。
「これから仲間のところへ行こう。」
その顔は凛と美しくも、どこか悲しげであった。

 

たどり着いた先は町工場のような場所だった。
見習いらしき若者から熟練の職人のような風貌の人まで、様々な年代がいるようだ。

「おお、久しぶりだな。」

職人の1人が青年に声をかけてきた。

「お変わりないようで。」

「まぁお前らと違ってこちとら人間じゃけぇ、立派なじじいになってしまったがな!」

おじさんはガハハと笑った。この人は人間らしい。

「"お前ら"って?」

「この方以外はみんな、僕の仲間だよ。」

見習いらしき若者も、何十年も働いていそうな職人も、みんな仲間だという。
周りもこちらに気付いたようで続々とおじさんの元へ集まってくる。

「この人はいい人だよ〜。俺らを普通の人間と変わらず扱ってくれる!」
「だからいっつもひでぇ怒られるんだけどな!」

うっせぇ!と言っておじさんは若者をどついた。仲間たちは楽しそうに笑っていた。

「よかった。」

青年がポツリと呟いたが、他の人に聞こえていたかはわからないし、私の気のせいかもしれない。

「では、また。」

「おう!いつでも待ってるからな!」

私は青年と工場をあとにした。

 

「僕たちは今まで人間に気がつかれないようにひっそりと生きてきた。でも今こうやって僕たちを僕たちとして認識し、一緒に生きて行こうとしてくれる人間がいる。」

夕暮れの柔らかい光が青年の美しい髪に反射して、より一層美しく見える。
その顔はきれいで優しさに満ちていた。

キースイッチ擬人化合同本ができるまで

みなさんこんにちは!383と書いてさやさんと読みます。

この記事は自作キーボード #2 Advent Calendar 201820日目となっております。
昨日はない子さんの自作キーボードポエム(キラキラキーキャップ編)でした。めっちゃキーキャップかわいい……🙏
自作キーボード界隈の人口も一気に増え、自作キーボードのアドカレだけでも3つできました。その他はこちらから
自作キーボード Advent Calendar 2018 - Adventar
自作キーボード #3 Advent Calendar 2018 - Adventar

さて、Twitterや天キーの活動でお分かりかと思いますが、以下擬人化の内容などが含まれます。苦手な方はタブをそっ閉じすることをオススメします。
自分のキースイッチとの"解釈違い"を避けたい人もそっ閉じ推奨です。

年末にあるコミックマーケット95でキースイッチ擬人化合同本を出す予定です。なぜ自作キーボードの温泉にゆっくり浸かるつもりが、キースイッチ擬人化温泉という秘境へたどり着いてしまったか。そしてキースイッチ擬人化合同を出すに到ったのかを書こうかなと思います。

続きを読む

383のゆるふわTekka活動

みなさんこんにちはこんばんはこんばんは!
383と書いてさやさんと読みます。tekkaでは今「三八三」と漢字表記ですね。
富士山と雲海みたいな雰囲気があって、漢字表記も好きです。

この記事はTekka Advent Calendar 2018の19日目です。
昨日はid:Zeitungさんの"Tekka Advent Calendar 2018" 18日目:今年できなかったこと - たぶん週刊「今週の進捗」でした。

さて、今もたまにTekkaの話とか、🍣民とかtwitterで言ってるわけですが、私がTekkaについて記事書いたの2年前なんですね。

saya3833.hateblo.jp

めっちゃキラキライキってる感パナい。でもそれだけ楽しかったんだろうなー
2年前の383よ、お主は今でもtekkaのみんなと色々ワイワイやっておるぞ。

twitter依存とtekka依存が激しい383のこれまでの活動と、tekkaについて色々書き書きします。

・TekkaがSlackチームへ

公開するする詐欺とか言わない。色々あってSlackチームができました。tekkaをどういう風にしようか?という話や、今現在作っているもののお話、わくわくの共有などを行っています。去年はコミケチャンネルを作って、みんなでコミケサークル参加などもしました。

コミケ参加

去年の冬コミですが、みんなで「てっかのおもちゃ箱」というゲーム詰め合わせCDを頒布しました*1。383は「おひるねセッション」というノベルゲームのイラストを描いたりしました。もう一回描き直したい感あるけど、それは今その時よりも成長したからっていうことにしましょう。以下からDL購入できますので、気になる方はどうぞ。

tekka-cc.booth.pm

・383が自作キーボード温泉に浸かりはじめる

これは去年の冬くらいからでしょうか。tekka内で自作キーボードの話が出てから、自作キーボードに関するチャンネルが4つほど爆誕しました。キースイッチかわいいお話はtwitterよりもtekkaの方で捗っています。たまにかわいさのあまり暴走します。twitterではきっと即リムブロ対象になるでしょう。

Vtuberプロデュースが始まる

tekkaからVtuberがデビューしました。

twitter.com

twitter.com

Vtuberとしての活動は(まだ?)してないっぽいですが、他にもtekka関連のキャラクターがいますので、今後何かあった時にドヤ顔古参アピしたい人はチェックしておくといいかもしれません。

twitter.com

twitter.com

今後もtekka発のVtuberさんやキャラクターが増えるのかなぁと思うとわくわくが止まりません。おひるねセッションのふわるちゃんやろあちゃんもかわいいし、tekkaのキャラ箱推ししてる感ありますね。それぞれのキャラの絡みなどこれから増えていってくれると383が色々捗って嬉しいです。

・何かみんなでやりたくなったら実行する

コミケの参加もそうなのですが、小規模だとキーボード組み立て会とか、ベイブレード会とか、スマブラ会とか最近しました。やりたい!と思った時にすぐ行動に移す人が多いので、よっしゃやるぞ〜〜っていう気持ちになりますね。平日とか時間作ってLT会とかやってみたいです。平日に時間がほしい。

・現在も何かしらの企画進行中

まだ練り練り段階ですが、tekkaの人もそうでない人も参加できるような企画を練り練りしています。練り練りし終わって内容を公表した時、もし興味あれば一緒にわいわいできたら嬉しいです。

以上、2018年の383のアドカレ記事とします。
2019年は個人的に色々ある予定なので、色々あっても今までと同じように、もしくはそれ以上にわいわいできたらなーと思います。 

 

*1:383はお仕事でコミケ当日欠席でした…